みんなの食堂11月レポート&2019年1月予告チラシ

今年最後のみんなの食堂は
明日(12月14日)開催します。

会場で配布する「次回予告」「前回レポート」を作成しました。
WEBサイトへ先にアップします。

2019年最初のみんなの食堂は
1月25日(金)です。
もういくつ寝るとお正月ですね。

つづいて、前回(11月30日開催)のレポートです。

前回は、運営面で反省点と改善すべきことがありました。

通常は来場者が80名を超えたあたりで残りの食事数をカウントしながら、受付を終了しています。受付を閉じた後にお越しになられた方にお断りするのは、毎回申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

前回はメニューが豚汁ほか量の加減が調整しやすかったこともあり、お断りをせずにできるかぎり受け入れることにしました。それでも130名(スタッフ除く)を超えた時点で限界を感じて受付を閉じ、数組の方にお断りとなりました。

沢山の人数を受け入れたものの、会場で一回に食事できる人数は百名弱であるため、全席が埋まってから来場された方にお待ちいただく形となりました。

しかし、席を二回転させるオペレーションを用意していなかったため、お待ちの方から「まだですか」「いつ座れるのですか」と不満の声がたびたびあがり、スタッフ側にも混乱が生じました。

お待ちの方に早く座っていただけるように、「食事がお済みの方は席を空けてください」とアナウンスを何度か行いました。先に食事をされていた方を急かす格好になり、ゆっくりと落ち着いて食事できない雰囲気にさせてしまったことも反省点です。

又、席が二回転になったことで食事提供の時間が通常より長引き、スタッフの疲労がみえました。いつもは17時半にはひと段落できるのが、18時すぎても慌ただしい状況が続きました。

みんなの食堂は長く続けることに価値があると考えています。長続きするには無理をしないことが一番です。

そこで、今後は100食限定を原則とし、席が埋まったところで受付を終了したいと思います。せっかくお越しいただいた方にお断りするのは、本当に忍びないのですが・・。

みんなの食堂の運営方針「ゆるく、楽しく」に、ご理解とご協力を賜れましたら幸いです。

前回レポートでは、子どもたちの活躍ぶりにも触れました。調理、受付、皿洗い、床掃除と沢山の子どもたちがお手伝いしてくれました。

みんなでつくる「みんなの食堂」です。

前回の反省点をいかし、
明日(12月14日)の回は初の試みとして
食券制を導入します。

明日のオムレツは、限定100食です。

お渡しした食券が100枚を超えた時点で受付を終了します。
あしからず、ご了承ください。