みんなの食堂プレオープンの開催レポートと課題&改善策

みんなの食堂プレオープン、成功して終えることができました。

百名を超える来場があり、収支的にも黒字になりました。
ご寄付いただいた方にも感謝です。

参加されなかった方にも共有できるように、

開催レポートを作成しました。

プレオープンを行なって分かったこと、感じたことがありました。
反省点もいくつかあります。

住民自治協議会の2月役員会の場で、次のように課題と改善策を報告しました。

 

みんなの食堂プレオープンで感じた課題と次回に向けた改善策

<よかったこと>

  • 百名を超える来場あり、一緒に夕食を食べる雰囲気が好い感じだった。
  • 参加された親同士が食事しながら交流し、理念で掲げた通りになった。
  • 怪我なく事故なく、大混乱はなかった。
  • 出入口の誘導がスムーズで、子どもへのフォローもできた。
  • 17時の時点で満席状態になったが、机の追加などで待ちがでなかった。
  • 開始時に受付に人が集中したが、スタッフの動きで円滑に対応できた。
  • 会場設営、配膳、片付けの流れがスムーズで、手洗いの徹底ができた。
  • 食事の満足度が高く、値段設定に不満の声は聞かれなかった。
  • 100食分+αを用意し、食事が足りた。(余ったほど)
    ↑次回も同程度の来場を見込み、100食を用意

<調理:課題>

  • 調理チームの負担が大きく、五時間の立ち作業を強いてしまった。
  • 原因は量をつくりすぎ、おにぎりの手間がかかって人員不足になった。
  • 前もってレシピを共有しておらず、量や味付けなど混乱が生じた。
  • 調理スタッフの一人が家族都合で途中抜けることになった。

<調理:改善策>

  • 人数増強やメニューの検討が必要。
  • 調理のコアメンバーを固めて、事前に情報を共有する。
  • 急に抜けた人が出ても問題のない体制とコアメンバー連絡網をつくる。
  • 当日のメニューとレシピ・分量を貼り出し、情報共有して進める。
  • シフト制を敷き、二時間おきに休憩を取れるようにする。

<フロア:課題>

  • 屋外の玄関前自転車置き場の整理で人手が必要となった。
  • 受付票をもってこない人が多く、その場で書くのに時間がかかった。
  • 開始後の大人の来場者がお迎えか参加なのか、見分けにくかった。

<フロア:改善策>

  • 屋外の誘導スタッフを1名つけるか、案内表示を出す。
  • 当日受付票を、小学生が書きやすいフォーマットに改良する。
  • 「18時10分受付終了」と明記。18時保育園お迎え後の親子に対応。
  • ゴミがでるお菓子は出さない。食後のお茶も出せたらよかったか。

★続けるためにも、労力がかかりすぎないように。
楽しく意義を実感できる場に。

改善策について概ね了承をいただきました。
いくつか確認と議論があったなか、改善策の追加もありました。

「自転車の来場が多く、駐輪場の整理が大変だった」と報告したなかで、
「子どもだけで自転車で来るのは危険である」と意見をいただきました。

そこで、次回の案内の際に次の一文を加えます。

お子さんだけで来られる際は自転車での来場をお控えください

禁止事項を設けると堅苦しい感じで、嫌な気分になる人もいるかもしれません。
ただ、帰りの時間は暗くなっていることもあり、

安全を最優先する方針

にて、ご了解いただければと存じます。

百名を超える方に食事を提供するエネルギーは半端ないもので、
続けるためにも、無理のない体制で、労力の省力化を図ります。

モットーは、ゆるく、楽しく

当日の運営ボランティアも募集しています。

事前にお知らせいただければシフト組みます。
下記にご連絡ください。
hisagi@zushi.life